日本グループ・ダイナミックス学会で発表してきました

日本グループ・ダイナミックス学会第64回大会にて、以下のタイトルで発表してきました。

村山綾・三浦麻子 (2017).
日本語版Moral Foundation Questionnaireの妥当性の検討 日本グループダイナミックス学会第64回大会. 東京大学本郷キャンパス

Haidtの道徳基盤理論に基づく5つの道徳基盤の個人差を測定する尺度の日本語版について、妥当性の検討を行うための第1段階の研究という位置づけです。本研究からは、日本語版尺度における5因子モデルの妥当性は低く、IndividualizingとBindingの上位概念を仮定する2因子モデルの妥当性が高いのではないかという結論に至りました。関連研究を今月末の社会心理学会で発表する予定です。詳細はメールにてお問い合わせください。
初めて東京大学の赤門を見ました。同期の木村くんを赤門を背景に撮影しました。本郷3丁目駅からは迷わずキャンパス内に到達できました!

心理学ミュージアムにて優秀賞を受賞しました

日本心理学会第81回大会にて、心理学ミュージアムに応募していた作品「人はなぜ加害者への厳罰を求めるのか」が2017年度優秀作品賞を受賞しました。田渕恵さん(日本学術振興会・関西学院大学)との共同制作です。2015年度に最優秀作品賞を受賞した、「人はなぜ被害者を責めるのか」とセットのイメージで製作しました。タイトル画像より作品のページをご覧いただけます。