第52回 日本社会心理学会

9月18日、19日に名古屋大学で開催された第52回日本社会心理学会に参加してきました。
以下のタイトルで発表してきました。

村山綾・三浦麻子 
発話データのコーディングによる集団内葛藤対処行動の検討
-集団討議終了時の実質的葛藤との関連-

集団討議場面におけるメンバーの葛藤対処行動と最終的な集団内意見一致率について、
自己評定による測定ではなく、発話データをコーディングするというアプローチを使って検討したものです。

———–
久しぶりにお会いできた方がたくさんいて、グループ・ダイナミックス学会同様、とても充実した学会でした。
大会運営スタッフの方に感謝申し上げます。

身体計測研究会

昨日、大阪電気通信大学の小森政嗣先生をお招きして研究会を開催しました。
テーマは

「Kinectによるモーションキャプチャ」

詳しくは、CAPS Webサイトをご覧ください。

自分がキャプチャされた状態で動いているのをスクリーン上で見ると面白いものですね(笑