集団内の葛藤と対処行動、専門家-非専門家の合意形成過程、非専門家による法的判断について、社会心理学的に研究しています。

Email: murayama(at)intl.kindai.ac.jp

優秀論文賞を受賞しました

2014年9月6,7日に行われた日本グループ・ダイナミックス学会第61回大会にて、以下の論文が2013年度優秀論文賞を受賞しました。

村山 綾・三浦麻子 (2014). 集団討議における葛藤と主観的パフォーマンス-マルチレベル分析による検討-. 実験社会心理学研究, 53, 81-92.

【概要】--------

本研究では,集団討議で生じる葛藤と対処行動,およびメンバーの主観的パフォーマンスの関連について検討した。4名からなる合計17集団(68名)にランダ ムに配置された大学生が,18分間の集団課題を遂行した。その際,討議開始前,中間,終了時に,メンバーの意見のずれから算出される実質的葛藤を測定し た。また討議終了時には,中間から終了にかけて認知された2種類の葛藤の程度,および葛藤対処行動について回答を求めた。分析の結果,集団内の実質的葛藤 は相互作用を通して変遷すること,また,中間時点の実質的葛藤は主観的パフォーマンスと関連が見られないものの,終了時点の葛藤の高さは主観的パフォーマ ンスを低下させることが示された。関係葛藤の高さと回避的対処行動は主観的パフォーマンスの低さと関連し,統合的対処行動は主観的パフォーマンスの高さと 関連していた。関係葛藤と課題葛藤の交互作用効果も示され,課題葛藤の程度が低い場合は,関係葛藤が低い方が高い方よりも主観的パフォーマンスが高くなる 一方で,課題葛藤の程度が高い場合にはそのような差はみられなかった。葛藤の測定時点の重要性,および多層的な検討の必要性について議論した。
------------

本 論文は、大阪大学大学院人間科学研究科対人社会心理学研究室の大坊郁夫教授(現東京未来大学)のご指導のもと提出した博士論文の一部を加筆・修正したもの です。分析に際しては、広島大学の清水裕士先生からアドバイスをいただきました。また、現受入れ教員で、共著者でもある三浦麻子先生と多くの議論を重ね、 論文の形にまとめることができました。投稿後は、査読者の先生方から有益なコメントをいただき、それを受けて行った追加分析や結果の再解釈があったからこ そ、このような賞をいただけたと思います。本論文に関わってくださったすべての先生方に対して、あらためて感謝申し上げます。

Journal of Cross-Cultural Psychologyへの論文掲載決定

以下の論文がJournal of Cross-Cultural Psychologyに掲載されることが決まりました。

Murayama, A., Ryan, C. S., Shimizu, H., Kurebayashi, K., & Miura, A. (in press). Cultural Differences in Perceptions of Intragroup Conflict and Preferred Conflict-Management Behavior: A Scenario Experiment. Journal of Cross-Cultural Psychology.

Abstract
This study focused on cultural differences in perceived relationship and task conflict within groups and preferences for active and agreeable conflict-management behavior. Task conflict (low vs. high) and relationship conflict (low vs. high) were manipulated within subjects in a 2 x 2 x 2 (culture) mixed design. Japanese (n = 100) and American (n = 121) undergraduate students rated each scenario with respect to task conflict, relationship conflict, and preferred conflict-management behavior. Results showed that task and relationship conflict were mistaken for each other in both cultures; however, Americans misattributed strong task conflict to relationship conflict more than Japanese. Cultural differences in preferred conflict-management also emerged. Japanese preferred active conflict-management more than Americans in the strong (vs. weak) task conflict situation when relationship conflict was low (vs. high), whereas Americans preferred active conflict management more than Japanese when relationship conflict was high—regardless of task conflict. Finally, Americans preferred agreeable conflict-management behavior more than Japanese when both types of conflict were low.

Keywords: intragroup conflict, relationship conflict, task conflict, cultural difference

質問・コメント等は、メール(murayama(at)kwansei.ac.jp)で受け付けていますので、ご連絡ください。

日本心理学会での発表予定

9月10~12日に同志社大学で開催される日本心理学会第78回大会では、以下のセッションで発表します。

(1)9/10(月)9:20-11:20/公募シンポジウム(SS-001)/話題提供者

一般市民はどのように法的判断を行うのか?­個人・集団による判断に着目して
名畑 康之/村山 綾/綿村 英一郎/荒川 歩/石崎 千景/上宮 愛
…>>私は「集団による判断」に関して話題提供を担当します。

(2)9/12(金)11:40-12:50/チュートリアルワークショップ(TWS-016)【定員60名】 /講師

クラウド型心理学実験参加登録システムの運用と今後の展望
 村山 綾/Justin Fidler
…>>関 西学院大学応用心理科学研究センターがソナシステムズと共同で日本語化したクラウド型心理学実験参加登録システムの利用方法について説明します。また、ソ ナシステムズ社CEOのJustin Fidler氏によるシステムの紹介や、こちらから要望を伝える時間なども設ける予定です。大会期間中はソナシステムズのブースも出展される予定ですの で、興味のある方は是非ご参加・お立ち寄りください。

どうぞよろしくお願いします。

日本社会心理学会で発表してきました

7月26日、27日に北海道大学で開催された日本社会心理学会第55回大会にて、以下のタイトルでポスター発表してきました。

「幸運を得た人の道徳的価値と内在的公正推論」
発表原稿はこちらからダウンロードできます

われわれは、ニュースや新聞を通して他者の不運や幸運を目にすることがあります。今回は、たまたま幸運を手にした人に対して、われわれがどのように反応するのかという点について、その人が「良い人」か「悪い人」か実験的な操作を加えて検討しました。

結果を大まかに説明すると、人は、仕事に熱心で周囲からの人望もある人が幸運(たまたま購入したロトくじが当たる)を得ると「その人が良い人だから宝くじに当選した」と 推論(これが内在的公正推論にあたります)する一方で、過去に犯罪(今回は窃盗)を犯した人が同じ幸運を得ると、その幸運のせいで将来悪いことが起こるこ とを予期(これは究極的公正予期と定義しています)する、というものでした。幸運や不運とその人の過去の道徳的な価値(良い人か悪い人か)は、本来全く関係ないことなのですが、このような推論や予期 を通して「人はその人にふさわしいものを手にしているし、手にするべきである」というような信念を維持しようとしたり、「頑張った人が報われる(≒悪い人 には罰がくだる)社会」への欲求を満たそうとする、という結果です。

このような信念や欲求は、公正世界信念、公正世界欲求と定義され検討が進められています。引き続きこれらについて検討していく予定です。

本研究結果に質問等ある方は、murayama(at)kwansei.ac.jpまでご連絡ください。

2014年度開始

2014年度が始まりました。今年度も引き続き関西学院大学応用心理科学研究センターで博士研究員として研究を続けます。専門家−非専門家のコミュニケーション、一般市民の法的判断、集団意思決定等についての研究を進めています。

【今年度担当の授業】
・関西学院大学文学部「心理科学実習A」「総合B」
・関西学院大学社会学部「インターミディエイト演習」

シンポジウムのご案内(2014/3/22)

裁判員裁判と集団意思決定

2014年3月22日(土)に、応用心理科学研究センター主催のシンポジウムが開催されます。
私も話題提供者の一人として登壇します。

裁判員制度が施行されて5年がたとうとしています。求刑以上の判決が施行前よりも多くなるといった特徴が示されつつある現状を踏まえ、これまでに実施された社会心理学的な評議研究の結果や、今後必要となるであろう研究についてご報告する予定です。
ご都合の合う方はぜひお越しください。一般の方の参加も歓迎しております。

詳細は応用心理学研究センターのページをご覧ください。

チュートリアルワークショップ資料

2013年9月20日に、日本心理学会の年次大会にて以下のタイトルのチュートリアルワークショップの講師をしました。

「心理学実験の参加者管理に際するオンラインシステムの活用」

現在私が所属している関西学院大学応用心理科学研究センターは、ソナ・システムズと連携して心理学実験参加者管理システムを日本語化しました。今回のチュートリアルワークショップでは、このシステムの使用方法を説明させていただきました。

詳細は以下のページをご覧ください。

http://kg-caps.com/information/2013/04/16/jpa77th_ws/

本チュートリアルで使用した資料をアップロードしますので、興味のある方はご自由にダウンロード、閲覧してください。なお、それぞれのファイルの内容は以下のとおりです。

2014年7月にソナシステムズのインターフェースが大幅に変更になりました。これに伴い、現在ダウンロードできる資料は特にインターフェースの面において現状とは異なります。使用方法については大きな変更はありません。どうぞご了承ください。

jpa2013_participant.pdf (874k) …参加者アカウントの使用方法

jpa2013_researcher.pdf (1087k) …研究者アカウントの使用方法

jpa2013_slides.pdf (2616k)…発表時に使用したスライドです(一部変更あり)

心理学ワールドへの記事掲載

日本心理学会が発行している機関紙「心理学ワールド」61号に、子育てに関する記事が掲載されました。
以下のリンク先から閲覧することができます。

村山綾・岡耕平(2013) 悩みながら、前進―三人の子育て 心理学ワールド, 61, 44.

現在、5歳の長男、3歳の次男、三男の子育てをしながら研究をしています。当初はどうなることかと思いましたが、3年目に入り少し落ち着いてきました。といってもあっという間に一日が過ぎてゆく日々に変わりはありません。

研究活動に使える時間は限られている一方で、効率化や作業の優先順位のつけ方で補える部分もかなりあると思います。
周囲の皆様に助けられての毎日ですが、引き続き研究と子育てにまい進します。

APA2013で発表してきました

7/31-8/4の日程で開催されたアメリカ心理学会の年次大会にて発表してきました。


発表タイトル、概要は以下の通りです。
(こちらから発表ポスターpdf(1259KB)をダウンロードできます

The Legal Professional Opinion and Lay Citizens’ Judgment during Deliberation
MURAYAMA, Aya & MIURA, Asako
—————————————————————–
This study investigated whether professional opinion during deliberations influenced changes in jurors’ opinions, confidence of the opinion, and subjective performance of the deliberation.  The saiban-in (lay judge) system was launched in 2009 in Japan to give ordinary citizens a direct role in the criminal judicial process.  There, lay judges are selected separately for each trial and judge the case together with professional judges.  Since the system gives professional judges a power for the verdict in both explicit and implicit manner during deliberations, there is a doubt whether lay judges can practically participate in and actively discuss based on their own perspectives.
In order to investigate the effect of such expert power during deliberations, a simplified mock jury was conducted in a lab setting.  Three jurors (naïve participants) and one judge (a confederate who claimed guilty throughout the experiment) discussed guilt or innocence using a scenario that was based on an actual case. A total of 90 undergraduate and graduate students (30 groups) participated in the study. Opinion distributions (guilty as majority, tie votes, or innocent as majority) and forms of deliberation (either verdict-driven or evidence-driven) were manipulated.
The results showed that jurors tended to change their opinion in accordance with the judge. Moreover, jurors whose opinions coincided with the judge’s were more confident with their final decisions than jurors whose final decisions were different from the judge’s. The hierarchical linear model with a dependent variable of subjective performance had indicated that the agreement with the judge (both in group and individual level) and higher level of trust toward the judge both increased the level of subjective performance.  Practical participation in deliberation had led higher subjective performance as well.  Finally, the suggestions about the lay judge system and deliberation process were made based on the results of the study.
—————————————————————–
裁 判員裁判関連の発表でしたが、話をした人たち(おそらくアメリカ人)にとっては、専門家(裁判官)とトレーニングなしにいきなり評議をする、という状況が 信じられない、という感じでした。また、性別や年齢の構成はコントロールされているのか、という質問もされました(現状はまったくなにも決まりはないです ね)。

「まだまだ研究することが沢山あるね」

と言われました。確かに、研究しなければならないことはたくさんあるよう思 います。ただ、そこからまず何に着手するべきか、実際に裁判員制度にかかわっている現場の方にとってどのような研究が必要とされているのか、という点を しっかり考えなければならないと最近改めて感じています。できることから、進めていきます。

「法と心理」への論文採録決定

以下の論文が法と心理学会の論文誌「法と心理」に掲載されることが決定しました。

村山綾・三浦麻子 (in press). 有罪・無罪判断と批判的思考態度との関連-テキストデータを用いた分析から.
法と心理.

要 約: 本研究の目的は、刑事裁判における有罪・無罪判断と批判的思考態度の関連性について、テキストデータ分析から明らかにすることである。144名の大学生・ 大学院生が、(1)覚せい剤密輸事件を題材とした、無罪判断が妥当な公判シナリオを読み、(2)有罪・無罪判断、(3)判断の理由(自由記述方式)、 (4)批判的思考態度尺度について回答した。判断の理由を対象に頻出語を抽出し、有罪・無罪判断×批判的思考態度高群・低群を属性としたコレスポンデンス 分析を行った。その結果、無罪判断で批判的思考態度得点が高い場合は、物的証拠の欠如といったメタな理由づけをしている一方、有罪判断で批判的思考態度得 点が低い場合は法廷での証言や発言などについて言及すると同時に、「おかしい」や「不自然」「信用」といった主観的評価が判断理由に含まれることが示され た。
キーワード 批判的思考態度 テキストデータ 有罪・無罪判断

————–
テキストデータ分析では、大阪大学大学院経済学研究科の松村真宏先生と、本論文の第2著者である三浦麻子教授が共同開発したテキストマイニングの前処理ソフトウェアTinyTextMiner(TTM)を使用しました。