APA2013で発表してきました

7/31-8/4の日程で開催されたアメリカ心理学会の年次大会にて発表してきました。


発表タイトル、概要は以下の通りです。
(こちらから発表ポスターpdf(1259KB)をダウンロードできます

The Legal Professional Opinion and Lay Citizens’ Judgment during Deliberation
MURAYAMA, Aya & MIURA, Asako
—————————————————————–
This study investigated whether professional opinion during deliberations influenced changes in jurors’ opinions, confidence of the opinion, and subjective performance of the deliberation.  The saiban-in (lay judge) system was launched in 2009 in Japan to give ordinary citizens a direct role in the criminal judicial process.  There, lay judges are selected separately for each trial and judge the case together with professional judges.  Since the system gives professional judges a power for the verdict in both explicit and implicit manner during deliberations, there is a doubt whether lay judges can practically participate in and actively discuss based on their own perspectives.
In order to investigate the effect of such expert power during deliberations, a simplified mock jury was conducted in a lab setting.  Three jurors (naïve participants) and one judge (a confederate who claimed guilty throughout the experiment) discussed guilt or innocence using a scenario that was based on an actual case. A total of 90 undergraduate and graduate students (30 groups) participated in the study. Opinion distributions (guilty as majority, tie votes, or innocent as majority) and forms of deliberation (either verdict-driven or evidence-driven) were manipulated.
The results showed that jurors tended to change their opinion in accordance with the judge. Moreover, jurors whose opinions coincided with the judge’s were more confident with their final decisions than jurors whose final decisions were different from the judge’s. The hierarchical linear model with a dependent variable of subjective performance had indicated that the agreement with the judge (both in group and individual level) and higher level of trust toward the judge both increased the level of subjective performance.  Practical participation in deliberation had led higher subjective performance as well.  Finally, the suggestions about the lay judge system and deliberation process were made based on the results of the study.
—————————————————————–
裁 判員裁判関連の発表でしたが、話をした人たち(おそらくアメリカ人)にとっては、専門家(裁判官)とトレーニングなしにいきなり評議をする、という状況が 信じられない、という感じでした。また、性別や年齢の構成はコントロールされているのか、という質問もされました(現状はまったくなにも決まりはないです ね)。

「まだまだ研究することが沢山あるね」

と言われました。確かに、研究しなければならないことはたくさんあるよう思 います。ただ、そこからまず何に着手するべきか、実際に裁判員制度にかかわっている現場の方にとってどのような研究が必要とされているのか、という点を しっかり考えなければならないと最近改めて感じています。できることから、進めていきます。

HCS2013年1月研究会に参加しました

1月24,25日に高知市文化プラザかるぽーとで開催されたHCS2013年1月研究会に参加してきました。
当日は多くの方にご参加いただき、現地担当としてはホッとしました。

以下のタイトルで発表しました。

村山 綾・弓仲美穂・今津千紘・三浦麻子(関西学院大)
会話場面における話題の感情価と聞き手の表情の不一致 ~ 話者の非言語行動および感情状態に注目して ~

2者会話場面で、自分は楽しい話をしているのに相手の表情は悲しそうだor自分は悲しい話をしているはずなのに相手は笑顔だ、などといった
話題の感情価と聞き手の表情が一致しない状況に注目し、そのような場面における話者の視線行動や感情状態を検討したものです。非言語行動の個人要因としては社会的スキルを取り上げました。
質問もいただき、今後の実験計画を考える上でも大変有意義でした。発表内容に関心のある方はぜひご連絡ください。

高知では、カツオのたたきを堪能しました!

学会発表情報

学会シーズンが始まりました。
今年度は、以下の3つの学会で口頭発表をする予定です。

村山綾・三浦麻子
“専門家-非専門家による評議コミュニケーションに関する実験的検討-有罪・無罪判断に用いられる材料と参加者の満足度に注目して‐ ”
日本グループ・ダイナミックス学会第59回大会(京都大学) -2012年9月22日

村山綾・三浦麻子
“覚醒剤密輸事件に関する公判シナリオを用いた有罪・無罪判断のテキストデータ分析 -批判的思考態度との関連- ”
法と心理学会第13回大会(武蔵野美術大学) -2012年10月20日

村山綾・三浦麻子
“集団内の関係葛藤と課題葛藤の誤認知、対処行動、メンバーへの信頼に関する文化差の検討-日米比較から-”
日本社会心理学会第53回大会(つくば国際会議場) -2012年11月17日

よろしくお願いします。

ヒューマンコミュニケーション基礎研究会

2012年1月20日(金)に、ウインク愛知で開催されたヒューマンコミュニケーション基礎研究会に参加しました。
以下の内容で研究発表をしてきました。

社会的スキルとアイコンタクト表出の関連について -非接触型アイマークレコーダによる検討-

Social skills and eye contact-An examination using an eye mark recorder-

村山綾(関西学院大学大学院文学研究科・応用心理科学研究センター)

朝井阿弓美(関西学院大学文学部)

福井隆雄(フランス国立衛生医学研究所)

三浦麻子(関西学院大学文学部)

社会的スキルの高い人は表出性の高さが注目されがちですが、状況に応じて表出の抑制もするのではないかという点について、

非接触型アイマークレコーダを用いて実際の視線量を計測することで検討しました。

研究内容に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。

第52回 日本社会心理学会

9月18日、19日に名古屋大学で開催された第52回日本社会心理学会に参加してきました。
以下のタイトルで発表してきました。

村山綾・三浦麻子 
発話データのコーディングによる集団内葛藤対処行動の検討
-集団討議終了時の実質的葛藤との関連-

集団討議場面におけるメンバーの葛藤対処行動と最終的な集団内意見一致率について、
自己評定による測定ではなく、発話データをコーディングするというアプローチを使って検討したものです。

———–
久しぶりにお会いできた方がたくさんいて、グループ・ダイナミックス学会同様、とても充実した学会でした。
大会運営スタッフの方に感謝申し上げます。

身体計測研究会

昨日、大阪電気通信大学の小森政嗣先生をお招きして研究会を開催しました。
テーマは

「Kinectによるモーションキャプチャ」

詳しくは、CAPS Webサイトをご覧ください。

自分がキャプチャされた状態で動いているのをスクリーン上で見ると面白いものですね(笑

第58回 日本グループ・ダイナミックス学会

8月23日・24日に開催された第58回日本グループ・ダイナミックス学会でポスター発表をしてきました。

村山綾・三浦麻子 (2011). 集団討議における実質的葛藤と心理的パフォーマンスとの関連
日本グループ・ダイナミックス学会第58回大会発表論文集. 138-139.

従来の主観的な評価による集団内葛藤の測定ではなく、意見の不一致率から算出される
「実質的葛藤」について、集団メンバーの心理的パフォーマンスとの関連を検討した研究です。

———————————

久しぶりの学会発表でしたが、緊張しつつも楽しい時間を過ごしました。 お知り合いの皆さんが覚えてくれていたのがうれしかったです(笑