IACCP 2016で発表してきました

名古屋で開催されたInternational Congress of Cross-Cultural Psychologyの大会に参加してきました。私は以下のタイトルでポスター発表をしました。

 Is misfortune a result of past misdeeds or compensated for in the future? – Cultural difference in justice reasoning – MURAYAMA, Aya & MIURA, Asako
内在的公正推論 と究極的公正推論の文化差について、宗教心の媒介効果と合わせて検討したものです。日本人は不運な目(交通事故)にあった道徳的価値の低い人物(窃盗犯) に対して、アメリカ人よりも内在的公正推論(不運はその人物が過去に悪いことをしていたからだ)をする一方、アメリカ人は道徳的価値の高低関係なく、日本 人よりも不運に対する究極的公正推論(不運はいつか良い出来事によって清算される)を行うという結果でした。また、文化と究極的公正推論の関係を宗教心の 強さが媒介しており、アメリカ人でも宗教心の強い人ほど、究極的公正推論を行いやすいことが示されました。Murayama & Miura (in press) の次の研究という位置づけのものです。
発表後、Congress Dinnerに参加しました。公設市場の屋上にあるビアガーデンが会場でしたが、ゲリラ豪雨が発生し、思い出に残るものとなりました。初めての参加でしたが、会員同士のコミュニケーションも活発で、居心地の良い大会でした。大会委員長の先生方やスタッフの皆様、ありがとうございました。

Social Justice Research 誌への論文掲載決定

以下の論文が「Social Justice Research」誌に掲載されることが決まりました。

Murayama, A., & Miura, A. (2016). Two types of justice reasoning about good fortune and misfortune: A replication and beyond.Social Justice Research.

While research into justice reasoning has progressed extensively, the findings and implications have been mainly limited to Western cultures. This study investigated the relationship between immanent and ultimate justice reasoning about others’ misfortune and good good fortune in Japanese participants. The effects of goal focus and religiosity, which previously have been found to foster justice reasoning, were also tested. Participants were randomly assigned to one condition of a 2 (goal focus: long term or short-term) × 2 (target person’s moral value: respected or thief) × 2 (type of fortune: misfortune or good fortune) design. For immanent justice reasoning, the results revealed that a “bad” person’s misfortune was attributed to their past misdeeds, while a “good” person’s good fortune was attributed to their past good deeds. Regarding ultimate justice reasoning, it was found that a good person’s misfortune was connected more to future compensation than their good fortune, whereas a bad person’s misfortune was not reasoned about using ultimate justice. There was no significant effect of religiosity or goal focus on justice reasoning, which is inconsistent with the findings of previous studies. The necessity of directly examining cultural differences is discussed in relation to extending and strengthening the theory of justice reasoning.

2 種類の公正推論を促進させると言われる、宗教性や長期目標への焦点化は、日本人を対象とした検討では効果がみられなかったものの、道徳的価値の低い人物の 不運は内在的公正推論が行われ、道徳的価値の高い人物の不運は究極的公正推論が行われるという傾向は先行研究と一貫していたという内容です。また、このよ うな先行研究の再現性の検討に加えて、幸運に対する公正推論についても新たに検討しました。